BLOG

重要なお知らせ

木材高騰と急激な木材不足

今起きている住宅業界の危機についてお知らせ致します。
弊社としましてもいち早く情報を提供させて頂き、
少しでもご迷惑が掛からない対応をさせて頂くつもりではございますが、
過去に例を見ない木材状況に戸惑いは隠せません。
今の状況と今後どうなるのか、
なぜこのような事態に陥ったのかを述べさせて頂きます。

●木材不足と価格高騰に陥った理由

新型コロナの影響が拡大し世界経済が大きく停滞致しました。
木材需要も大幅な減少は避けられないと予測しましたが、
新型コロナの封じ込めに成功した中国はその後、いち早く経済活動を再開。
アメリカにおいては感染拡大が加速度的に拡大し、
在宅での生活の広がりと歴史的低金利により、却って住宅市場が刺激されました。

上記二大国の状況が木材需要を大きく高め、木材が供給が集中した所に原因があります。

日本市況は木材の低迷を予測、それにより現地へのオファーも遅れを取り、
世界の木材市況が大きく上昇した中に取り残された形となった所に原因があります。
木材の展望を誤り、今となっては木材が日本にほぼ入らない状況となっています。

 

●供給についての現状
一番の不足材はホワイトウッド、レッドウッドの小割材、合わせて積層集成材となります。
ほぼ皆無な状態で次の入荷予定も検討がつかない状態です。
米松につきましても構造材、羽柄材共に極端に不足しており、思うように納品が困難となっています。
日本最大手の木材屋ですら羽柄材は不足しており、目途が立っていないのが現状です。

 

●今後の予測
プレカット工場の受注状況については、ほぼ受注ストップな状態のようで、
目途が立つのが見えず、予測困難となっています。
弊社も3つの商社取引をしていますが、受注が出来ない状態では、
お客様への見積り提示が出来ない状態になります。

●対応について
ご契約頂いているお客様へ少しでもご迷惑がかからない対応をさせていただけるよう
努力をさせていただいておりますが、
正直なところ過去に例をみない木材状況に戸惑いは隠せません。
私共が作らせていただいている住宅は、多くの資材により構成されますが、
構造材は何よりも重要です。

4月27日現在の状況では、国産材をメインにしている製材屋さんが、
日頃より取引のある工務店にのみ、構造材を供給してくれる状態ですが、
弊社に優先的に材料が入る保証がない状態でございます。

予測されるのが仕入れ価格が上がってしまう事です。
弊社でも出来る限りの費用負担の努力しておりますが、
現在、建築確認申請に至っていないお客様に関しては、
止むを得ず増加分の費用をご負担や、
着工時期の延長を余儀なくされてしまう可能性があります。

このような緊急事態に際してご理解いただけますと幸いです。

この先は日本の商社にご尽力いただくしかないのですが、
アメリカと中国の状況に変化が起きない限りしばらく続くのではないかと考えています。
他の多くのビルダーも、国産材に頼ることになりますので油断することなく状況をみながら対応を続けさせていただく所存です。
構造材を確保できるよう、少しでも早く製材会社に予約を入れていくことが、
今できることですので、竣工時期を見据えて早目のお打ち合わせができるよう、
社員一同全力を尽くして対応しますので、改めてよろしくお願いします。

代表取締役 竹内秀典

 

=================  
富田林・大阪狭山・河内長野・羽曳野
藤井寺・松原・堺・和泉・八尾・東大阪
柏原・南河内・大阪府全域で
注文住宅・デザイナーズ住宅
株式会社スカイビルディング
〒584-0037 大阪府富田林市宮甲田町16-5
TEL/FAX:0721-21-7568
mail:info@skybuilding.co.jp
=================